株式会社ジェイエムシー JMC Co.,Ltd.

原材料紹介

  • 霊芝胞子破壁粉
  • 冬虫夏草菌末
  • 田七人参粉
  • 熟成ニンニク粉末
  • 鎮江香醋エキス末
  • ナノ天然アミノ酸

その他原材料一覧

仙草粉末・冬虫夏草エキス末・鎮江香醋もろみ粉末・蜜蜂花粉・アガリクスエキス末・サジーエキス末・秋ウコン
粉末・霊芝菌末・霊芝エキス末・霊芝胞子油・板藍根顆粒・レスベラトロール・プロポリスエキス・ビルベリーエ
キス末・マカエキス末・田七人参

田七人参粉

       

田七とは

癒しの歴史を生き抜いた高貴薬。中国四千年の英知。漢方医学が認める田七人参の凄いサポニン効果が大きな特徴。中国華南地方の雲南省、文山州自治区の遥かな高地に息づく。プ―アール茶や数多くの漢方薬の故郷としても有名ですが、中でも文山産三七人参は最も高価で貴重です。地元雲南省では、金に換えられないくらい大事で“金不換(きんふかん)”という呼び名が残っています。また欲しくとも手に入れられなかったため、「幻の秘薬」とされた。
「本草綱目」でも三七人参の性質は温和で無毒。止血や消炎鎮痛の効果があり、あらゆる出血や創傷血腫病などの治療に用いられ、血流の流れが悪くなった状態(おけつ)による症状を改善すると述べられている。
日本でよく知られた、片仔廣(へんしこう)、雲南白薬(うんなんびゃくやく)の主薬85%がこの三七人参である。その他、黄疸に有効、人体の免疫機能を高め、組織の再生力を活発にして、疲労しにくい体質にすると評価は高い。

別 名

山漆(サンチイ)、金不換、田三七、草三七、参三七。

産 地

田七の主な産地はベトナムとの国境に近い雲南省の文山県と硯山県の田陽、靖西、百色など。その他、湖北省、四川省、貴州省、江西省等の所にも栽培されている。品質が優れていると言われるのは中国最大の田七栽培場「雲南省銃下(チョンカ)田七薬材場」の製品である。

収穫期

原植物は多年生草木。その栽培は容易でなく、たいへんに年月がかかる。ふつう播種してから三年ないし四年後にやっと収穫できる。秋、花が咲く前に堀上げたモノは質と量が充実しているため、上等なもので「春三七」と呼ばれている。11月ごろに種が熟した後に掘り上げたモノがもろく、質が落ちるため、これは「冬七」と呼ばれている。

加 工

掘り上げた田七根の泥を落とし、主根、側根、ヒゲ根を三つに分けて切る。別々に天日干しにする。主根(現地は「三七頭子」と呼ぶ)を半分乾燥した時、手でこすってもみ乾燥するまで毎日繰り返し干しながら手でこすってもみます。でき上がった半製品は「毛貨」と言う。さらに、この乾燥した根を麻袋に入れ、ロウを加えて、左右に大きく揺り動かすことによって、根表面が黒くなって、一層光沢を発する製品ができ上がる。

品質規格

根は円錐形と円柱形に類似して、長さは1~6 cm、直径は1~4 cm、表面色は光沢がある黒色(完成品)と薄黄色(毛貨 )。上部には根茎の切り口の痕、周囲には瘤状の突起物、側面には枝根の切り痕がある。根体の重みがあり、質が堅く、切断し難い。切断面は光沢のある薄黒色、薄緑色または薄褐色に見える。中心の木質部はやや放射状の紋が確認できる。匂いが薄く、味はかすかに甘く、苦みをともなう。田七根は「銅皮鉄骨、獅子頭」(皮は銅の如く、芯は鉄の如く堅い、形は獅子の頭に似ている)との評判で知られている。

▲ 20頭(根)

▲ 40頭(根)

▲ 80頭(根)

▲ 100頭(根)

効能・効果

田七人参は、その性質は温和にて無毒で、止血や消炎鎮痛の効能がある。昔から、あらゆる出血や創傷血腫痛などの症状を治療するのに用いられた。血液の流れが悪くなった状態(おけつ)による症状を改善する。近年来、冠心病心絞痛の治療に用いられるようになってきている。外傷による出血、内出血の止血、癒合、鎮痛などの特効を持つ。
明治の医薬学者、李時珍の著書「本草綱目」には、「山漆」(サンチイ発音は三七と同じである)としるされているが、これは「三七」が漆のように傷口をしっかり癒合させるという意味である。血液の粘度の改善を良くし、衰弱を予防する。筋肉の炎症を治め、組織の再生力を高める。黄疸に有効、人体の免疫機能を高める。疲労しにくい体質になる。老化を防ぐ。血糖値を下げる。血管の硬化を防ぎ、高血圧、各種出血症、婦人病、中風、頑固な頭痛、神経衰弱などの症状に効果ある。

注 意

妊婦慎用

臨 床

雲南省薬物研究所は北京、上海、内モンゴル、昆明等の七つ病院で613例の冠状動脈性心臓病、狭心症病患者に二ケ月間の臨床治療結果、有効率は60%~95%に達し、心電図改善率も40~50%の良い結果で、特に動物脂肪の摂取が多く、発病率が高く、重病も多い内モンゴル地域の患者には顕著な効果があった以上の薬理と臨床実験の研究結果から田七サポニン成分は体力の増強と心臓の酸素代謝の改善、動物の酸素欠乏状態でも忍耐力が高まる成分の含まれている事が判明した。
田七に含まれるフライボノイド類物質は冠状動脈血管の拡張作用があり、血管壁を丈夫にする有効成分である。それによって、心臓に血液をスムーズに送り込みができる。田七にはこの二つの成分が含まれるため、相乗の生理作用がある。同時に、田七の有効活性成分は血中コレステロールの降下効果は顕著で、長期間服用にも副作用がない。冠状動脈性心臓病及び狭心症の治療・予防良薬として、全面的心臓・血管系統に保護作用が見られた。これによって、田七は無病の人でも服用すれば心臓病の予防と滋養強壮の効果が期待できる。

田七人参粉

弊社の田七人参粉は、添加物や着色料や抽出物などを含まない、高品質の田七人参(20頭根)を使い、日本国内で超細密粉砕、殺菌などの工程によって、仕上げられた田七人参100%のピュアパウダーです。

▼ 使用原料「田七人参」20頭根

▼ 精密設備(日本国内)で超細密粉砕、殺菌

田七人参粉にある人参サポニンと残留農薬検査の分析結果

日本食品分析センターの分析結果 10.5g/100g

日本食品分析センターの分析結果 検出せず

田七人参粉をいつ飲んだらよいですか?

飲用いただく時間に特に決まりはありませんが、空腹時に飲んでいただく方が効果的です。
おすすめとしては「朝の食前」です。疲れが重い方には「朝の食前」と「晩の食前」の一日2回をおすすめします。

飲んでいけない人はいますか?

基本的には、いません。但し薬の薬効を打ち消す場合があるので下記の薬を使用されてる方は、医師・薬剤師にご相談して下さい。

  1. (1) 利尿剤を服用している。
  2. (2) 高カリウム血症、高リン血症の方
  3. (3) 妊娠中の方

このような方々にお薦めします!

田七人参の最大の効能は、血液をキレイにして、免疫力を高めることです。糖尿病や高血圧、痛風、高脂血症、更年期障害、貧血など様々な疾病に効果があるとされています。また、具体的には、以下のような症状がある方におすすめです。

  • ・健康診断でいろいろな数値結果に不安な方
  • ・健康や体力の衰えを感じ始めてきた方
  • ・動脈硬化が気になる方
  • ・お酒を飲んだ翌日がつらい方
  • ・食生活が乱れがちな方
  • ・動悸・息切れが激しい方
  • ・いつ合併症を起こすか気になる方
  • ・心身の調和と大切にされている方
  • ・更年期前後でお悩みの方
  • ・目覚めが悪く、疲れが取れない方

規格書・お見積請求CONTACT

原料・商品に関する規格書・お見積請求は下記の電話番号もしくは専用フォームよりお問い合わせください。