株式会社ジェイエムシー JMC Co.,Ltd.

会社案内

ご挨拶GREETING

日頃は、お世話になり誠にありがとうございます。

弊社、株式会社ジェイエムシーの設立の目的は、『世界中の皆様の心と体の健康に役立つ商品を開発する』というものでございます。その目的の追求のため、今日も努力邁進しております。

振り返りますと中国4000年の歴史を有する中国漢方からスタート致しましたが、今日までには安心安全をお届けするに当たり、世間でも騒がれた問題、例えば、残留農薬、酸性雨などのいろんな毒性問題が出るごとにそれらをクリアして今日まで参りました。

今後も変わらぬ姿勢で世界中の皆様に奉仕が出来て、その結果世界中の皆様に喜ばれる様に努力して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

株式会社ジェイエムシー 代表取締役

眞田建紀

会社概要COMPANY

 
社 名 株式会社ジェイエムシー(JMC CO., LTD)
住 所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋4丁目16番8号
交 通 地下鉄有楽町線 東池袋駅 5番出口徒歩1分
都電荒川線 東池袋4丁目駅 徒歩1分
電話・FAX TEL: 03-5396-2751 / FAX: 03-5396-2752
URL・E-mail URL: http://www.jmc-co.com / E-mail: info@jmc-co.com
資本金 3,000万円
取引銀行 三菱UFJ銀行 池袋東口支店
役 員 代表取締役 眞田建紀
取締役 大陸志明、内海義子、大陸秋子、金成定信
主要取扱製品 蜜蜂破壁花粉/冬虫夏草菌末/霊芝胞子破壁粉/霊芝菌末/田七人参/
田七人参粉末/秋ウコン粉末/サジーエキス末/プロポリスエキス末/
板藍根エキス顆粒/鎮江香醋エキス末/香醋もろみ粉末/
熟成ニンニク粉末(AGP)/アガリクス茸JF103/
アガリクスエキス顆粒/レスベラトロール(ブドウ果皮由来)/
ビルベリーエキス末/ナノ天然アミノ酸/その他

[超臨界抽出原料]・[受託加工原料]
アスタキサンチン/高濃度 DHA/EPA/α-リポ酸/沙棘オイル/
イチョウ葉エキス/プロポリスエキス/ロイヤルゼリーエキス/
卵黄コリン/ビルベリーエキス/高濃度緑茶カテキン/
カフェインレスティー/霊芝胞子油/ゴマエキス/α-リノレン酸/
カツオエキス
事業内容 漢方医薬品・健康食品及び原材料、化粧品等の輸出入/
原料の卸販売、OEM商品の提案/経営コンサルタント/国際交流企画
関連会社 杭州ポーレン健康食品有限公司/国立杭州花粉応用研究所/
日本錦華(香港)有限公司/広州晶晶生物科技有限公司
その他 NPO法人:特定非営利活動法人「日中医薬交流センター」/
中国漢方老舗【北京同仁堂】提携:「板藍根顆粒日本総代理」

沿 革HISTORY

  • 1989年03月
  • 1992年09月
  • 1992年12月
  • 1993年04月
  • 1993年11月
  • 1994年02月
  • 1995年10月
  • 1996年12月
  • 1997年08月
  • 1997年12月
  • 1999年10月
  • 2000年09月
  • 2001年04月
  • 2001年08月
  • 2001年09月
  • 資本金300万円、有限会社ジェイエムシーを東京都世田谷区に設立。 細胞壁破砕密蜂花粉の
    マーケットリサーチ、製品開発・輸入販売を開始。
  • 栄養補助食品「ビーポーレン」粒の輸入販売開始。
  • 滋養強壮ドリンク「花皇宝」の輸入販売開始。
  • 1000万円を増資して資本金1300万円となる。
  • 中国浙江省にある杭州ポーレン有限公司と合弁し、杭州ポーレン健康食品有限公司(資本金
    $60万)を設立。
  • 冬虫夏草菌糸体原料の輸入販売開始。併せて冬虫夏草の保健食品「虫草花精」の
    日本販売権取得、販売開始。
    広島アジア大会において「虫草花精」が中国選手団指定栄養補助食品に指定。

  • 緑茶花精を使用した花精健康食品 C.C.ポーレン (カメリア)を開発、販売を開始。
  • 杭州において、霊芝の原木栽培とアガリクス茸の露地栽培を開始。
  • 霊芝・アガリクス茸の輸入、販売を開始。
  • JMC健康クラブを創設、健康食品だけでなく、幅広い分野に関わる企業、個人の
    一大ネットワークの構築に乗り出す。通信販売事業部『元気ダイレクト』発足
  • 中国雲南省文山三七特産局提携: --田七人参日本総代理--
  • 中国漢方老舗、北京同仁堂と「板藍根顆粒」共同開発、上市。
  • 機能性成分の画期的抽出 "超臨界流体法" の分野に参入。『超臨界事業部』設立。
  • 香醋のトップメーカー、江蘇省鎮江市 "江蘇恒順集団" と提携、『香醋事業部』発足。
  • 1700万円増資して資本金3,000万円となる。NPO法人「日中医薬交流センター」発足。